ライ, サンヨウ
頼, 山陽(1780-1832)

著者名典拠詳細を表示

著者の属性 個人
場所 江戸
一般注記 江戸時代の儒学者
名:襄, 字:子成, 通称:久太郎
通称: (久太郎の他一時名乗ったもの)憐二・改亭・徳太郎, 号: 山陽・三十六峰外史
「日本外史」の著者
EDSRC:Histoire des Taira : tirée du Nit-pon gwai-si / traduit du chinois par François Turrettini(Iwanami Shoten, Shōwa 13-<14 > [1938-<1939 >])
SFの追加と読みは「国書基本データベース(著作編)作者データベース」(国文学研究資料館作成)による, NOTE(通称ほか)の追加は「国書人名辞典」(岩波書店, 1993-1999)による
校刻日本外史 / (安藝)頼久太郎著 ; (川越)保岡元吉校(交盛館,1909.12)
EDSRC:頼山陽詩選 / 頼山陽 [著] ; 揖斐高訳注 (岩波書店, 2012.6) の頼山陽略年譜には「大坂江戸堀北一丁目に生まれる」とあり
Dates of Birth and Death 1780-1832
から見よ参照 頼, 襄<ライ, ノボル>
久太郎<ヒサタロウ>
徳太郎<トクタロウ>
Rai, Sanʾyō, 1780-1832
Rai, Sanyo
コード類 典拠ID=AU20020228  NCID=DA00441709
1 頼山陽 / 植手通有校注 東京 : 岩波書店 , 1977.10
2 菅茶山と頼山陽 / 富士川英郎著 東京 : 平凡社 , 1971.9
3 頼山陽書翰集 / 徳富猪一郎 [ほか] 共編 上巻,下巻,続編. - 東京 : 民友社 , 1927-1929
4 山陽印譜 [東京] : [風俗絵巻図書刊行会] , [1919]
5 神皇正統記 / [北畠親房著] . 讀史餘論 / [新井白石著] . 山陽史論 / [頼山陽著] 東京 : 有朋堂 , 1914.4